スポンサーリンク

2019 刑務官 No.11

 A~Eの5 人にミカンを計15 個配った。各自に配った個数について,次のことが分かっているとき,確実にいえるのはどれか。
○ 各自に配った個数は1 個以上5 個以下である。
○ AはBより少ない。
○ BとEは同数である。
○ CはEより多い。
○ DはBより多い。

1.Aに2 個配った。
2.Bに3 個配った。
3.CとDに同じ個数を配った。
4.Dに4 個配った。
5.EにAより1 個多く配った。 

 畑中敦子の初級ザ・ベストNEO 数的推理/資料解釈 |高卒程度・社会人向け

正答 3

B>A
B=E
C>E
D>B

よって、組み合わせると

D>B=E>A
C>

となる。DとCについてはどちらが大きいかは不明である。

次に、個数としてありうるものを考えていく
Aの個数は1個、2個、3個が考えられる。Aが3個のとき、最小でもB、Eは4個、D、Cは5個となり、合計21個となるので題意を満たさない。
Aが2個の時、最小でB、Eは3個、D、Cは4個となる。合計で、16個となるので、やはり題意を満たさない。
したがって、Aの個数は1個である。
Aが1個の時
・BとEが2個とすると、残りは10個であり、これをDとCで5個ずつにすれば題意を満たす。
・BとEが3個とすると、残りは8個であり、DとCを4個ずつ分けることになる。(D、CはBやEより多いので、3個は不可)
・BとEが4個とすると、残りは6個であり、題意を満たすようにDとCには分けられない。
題意を満たすどちらのケースでもDとCは同じ個数分けている。したがって、正答は3である。

スポンサーリンク
島本昌和をフォローする
スポンサーリンク
公務員試験過去問研究
タイトルとURLをコピーしました